広告

ワイヤレス化したECは今だエルゴの最上位なのか

広告
mouse

ようやく、ZOWIEがワイヤレスマウスを発売しました。初めてのワイヤレスマウスがどのような実力なのかをレビューしていきます。

created by Rinker
ZOWIE

EC-CWシリーズについて

ZOWIE初めてのワイヤレスマウスシリーズで、エルゴノミクスマウスとして名高いECシリーズをそのままワイヤレス化したモデルです。ECシリーズと同じく3サイズでの展開で、1→3の数字に向かってサイズが小さくなります。 (今回レビューするのはミディアムのEC2-CWです。

梱包と同梱物

パッケージはいつものZOWIEらしい、シンプルな外装です。

しかし内容物はEC無印と異なり内容物がかなり豊富です。

マウス本体、USBケーブル、USBドングル、USBレシーバ、充電機能付きレシーバー、説明書、換えソールなどです。EC無印と比べても一般的なマウスと比べても多いことがわかります。

付属のスタンドレシーバー(ENHANCED RECEIVER)を利用することで充電することも、ここから持ち上げてすぐに無線接続で使用することもできます。

底面右下部のスイッチを切り替えることでスタンドレシーバー、USBレシーバー、有線接続の状態を選択できます。

バッテリー持ち

EC2-CWは300mAhで最大70時間に対応していて、他のワイヤレスマウスにはやや劣りますがスタンドレシーバーの利便性を考えるとそこまで重要な課題でもない気がします。

実際に数週間使用しましたが、レシーバーで充電する癖がつくので充電が切れてしまった!ということは起こりませんでした。

ビルドクオリティ

ECのビルドクオリティは非常に高いです。接合部の段差などはなく握った時の軋みや違和感もなく非常に良いです。ボタン等の取り付けも正常で、左右のクリック差などはありません。

形状と持ち感

 EC CWはEC無印とは異なり、コーティングがマットな質感になっています。そのためCWは皮脂などがやや目立ちやすく、個人的には残念です。グリップ性能はあまり高くないですが、エルゴノミクスということもありグリップテープをつけるのは自由だと思います。

かぶせもちやつかみ持ちに最適で、深く握りこんでも指を立てるようにして持ってもきちんとしたフィット感が得られます。

ECシリーズの形状はエルゴノミクスの代表格といってもよいほど有名な形状なので説明は不要かと思いますが、握った時の手の形に自然にフィットしかぶせ持ちもつかみ持ちも違和感なく使用できます。

その他の機能

ZOWIEのマウスにはソフトウェアがなく、基本的にマウス底面のDPI変更ボタンやゲーム内設定で様々な変更を行います。ポーリングレートの変更やクリックの反応速度などもここで設定可能です。また、公式サイトや説明書は日本語に対応しています。

まとめ

ZOWIE EC-CWはZOWIEの培ってきたマウスの技術を使った安定したマウスです。

また、ECをワイヤレス版にすることでの大きな変更点はなく、初めて使う人はもちろんECユーザーからの乗り換えでも快適に使用可能です。

かぶせ、つかみ持ちの両方に対応していて、正確なエイミングを助けてくれます。

価格はやや高いようにも感じますが、実際に使ってみるとそれを上回る良さがありました。

created by Rinker
ZOWIE

コメント

タイトルとURLをコピーしました