広告

Ninjutso Soraを買うなら4kで良い理由

広告
mouse

こんにちはZENです。今回はふもっふのお店さんで予約購入して兼ねてより期待していた
「Ninjutso Sora 4k」が到着しましたのでレビューしていきます。

Ninjutsoは中国のメーカーで、日本ではふもっふのお店さんが公式代理店をされています。
Ninjutso soraは2022年末ごろに発売され、その圧倒的コスパにより一躍脚光を浴びました。
そして1年ほど経った今年、Ninjutso sora 4kつまり高ポーリングレートのバージョンが発表されたということです。

今回は新しくなって登場したsoraが4k化以外にどんな改良を経たのかをレビューしていきます。

製品仕様 スペック

重量47g±2g
カラーリングホワイト/ブラック
センサーPixart paw3395
チップNordic 52840
スイッチOMRON光学式
バッテリー300mAh !注
形状左右対称
エンコーダTTC 9mm
全長120.8mm

外見 内容物

sora無印ではブラックを使用していたためホワイトを購入しました。

内容物は写真の通りです。

  • マウス本体
  • 柔軟なケーブル
  • 4kドングル
  • 替えソール
  • 説明書

知ってはいたことなんですが、USBドングルは付属していません。
つまり4kドングル以外での接続は有線のみということです。Atlantis Proなど後付けで4kドングルを使用できる方式のものの多くが併用が可能なのでここは少し不便です。
ドングル切り替えだけで使えるのはめちゃくちゃいいですが。。。

初期状態ではマウス底面四隅に小型のソールが添付されています。
大きめが好きな人は付属のソールに取り替えられますし、融通が利くのは良いですね
(ソールのモノ自体は無印と同じだと思います)

ビルドクオリティ

ビルドクオリティは高いです。

シェルのつなぎ目がほぼ見えずすべてのボタンが正常に取り付けられて動作しています。LEDライトも想定された光り方をしており、組み立て精度も問題ないです。

4kドングルは底一面に滑り止めが貼り付けられています。側面にNINJUTSOの意匠が刻印されています。

質感

無印soraから4k化に次ぐ変更点だと思っています。

←初代sora
sora4k→

写真だとかなり分かりずらいのですが、無印がザラザラつるつるとしているのに対し、
4kは完全に凹凸がなくツルツルとしています。しかしグリップ性能はきちんと確保されていて不思議な感覚になります。

掌を密着させて持つとほとんどズレません。もちろんこれは発汗量など個人差によるものもありますが、ゲーム中手が湿ることがある人はグリップテープがなくても快適に握れると思います。

分解

sora4kは底面のソールの下すべてにねじが隠れていて、それを外すことで分解できます。
そろそろop1weのような分解されることを前提としたマウスが出てきてくれると嬉しい

メインスイッチがOMRON製であることを確認しました。
ホイールエンコーダには埃よけなどなく、毛などの混入は気を付けるべきです。

N52840やPAW3395の文字も認識でき、きちんとスペック通りであることも確認しました。

バッテリーは公称90時間となっていましたが、実際の容量がわからなかったため分解によって確認しました。

2列目に300mAhと記載されているのがわかります。(スペックシートの容量はこれです。)

無印soraは公称70時間とされているのでバッテリーは大きくなったと想定されます

使用感

形状自体は無印soraと変化していないため握り心地も同じかと思っていたのですが、コーティングの改良によってフィーリングが変化しました。

掌を密着させて持つつかみ持ちをしている筆者ですが、無印の時のザラザラによって隙間ができやすくなるということがなくなり、ぴたっと持ちこめるのがとても気に入りました。

また、ドングルがかなりしゃれていて某海外メーカーのクリスタルライクな物に似通った何かを感じます。

無印soraのほうが比べると押したときの音が固く、4kは音が低いです。

まとめ

今回はsora4kのレビューをしました。

コスパから手に取る人が多かった初代soraでしたが、高ポーリングレート化されたsora4kはこの価格でも一度触ってみる価値があると思います。

もちろん4kが必要ない!という方には圧倒的安さで無印を選ぶのも良い選択だと考えます。

ふもっふのお店で取り扱い中のNinjutso製品はこちら↓

Ninjutso公式サイトはこちら↓

From Community, For Community. | Ninjutso
We believe that lightweight wireless gaming mouse is the future. And we're dedicated to build it.

筆者はTwitterも運営しています。デバイスや日常の出来事について投稿しているので気になったらフォローしてください。
@MFC_ZEN

コメント

タイトルとURLをコピーしました